大学の選び方

【大学の違い】を解説!大学校・専門職大学・大学院大学・高等専門学校、どうちがう?

一般の大学以外にも「大学」と名の付く教育機関があります。それぞれ大学とは違った特徴があるので、将来就きたい職業によっては選択肢として検討してもよいでしょう。また大学への進学を決めている人も、その違いや特徴を明確にしておくことで、自分がなぜ大学へ進学するのか、大学へ進学する意義を再確認できるでしょう。

そもそも「大学」とは?

大学は、文部科学省が管轄する教育の最高機関で、学校教育法に基づいて設置されるものです。学部の修業年数は原則として4年ですが、2年や3年の短期大学もあります。また医学部医学科や薬学部薬学科など6年制の学科もあります。

卒業すると、教育課程に応じて学位が授与されます。卒業時に「学士」の学位が授与される課程を「大学」といいます。

ところが、他にも大学校、専門職大学、大学院大学のように、「大学」と名の付く教育機関が存在します。また高等専門学校のように、大学に編入できる学校もあります。

「大学校」はどのような施設でも名乗れる

「大学校」は文部科学省が管轄する機関ではなく、学校教育法に基づいた大学とは異なります。

大学校には規定する法律がなく、どのような施設でも「大学校」と名乗ることができるので、中身は多種多様です。

ほぼ大学に近い学校から、公務員などの研究機関、地方自治体や民間企業が設けている職業訓練機関と幅広く、対象者も高校新卒者から社会人まで大学校ごとに異なります。

「学士」の資格が取得できる大学校も

大学校は大学ではないため、基本的に学位の授与はありません。

しかし、その課程が大学の学士課程や大学院の修士課程・博士課程などと同水準であると、文部科学省管轄の大学評価・学位授与機構に認定された大学校であれば、卒業時に「学士」の資格を取得することができ、学歴は「大卒」扱いになります。

具体的には、防衛大学校、防衛医科大学校、海上保安大学校、気象大学校、国立看護大学校、水産大学校、職業能力開発総合大学校などが該当する大学校です。

一方、航空大学校や警察大学校、自治大学校、消防大学校のように、公務員の研修施設や、一部の独立法人が管轄する施設などは、学位が取得できません。

給料がもらえる大学校も

防衛大学校、防衛医科大学校、海上保安大学校、気象大学校、航空保安大学校など一部の大学校は、入学すると学生ではなく「国家公務員」の身分になるので、学費を払うのではなく給料がもらえます。

こうした大学校の特徴は、卒業後に防衛省や気象庁などの省庁に入ることが、おおむね決まっているということです。つまり、入学が就職に近いといえます。

これらの大学校では、厳しい規定や罰則を設けていることもあります。また、社会人として給料をもらって学業を修めているので、高い意識を持っている学生が多いといえます。

新しい学校制度「専門職大学」

「専門職大学」は、特定の職業のプロフェッショナルになるために必要な知識や理論と、実践的なスキルの両方を身に着けることができる大学です。2019年4月に新しい学校制度として誕生しました。カリキュラムは、大学が産業界や地域社会と連携して編成し、講義だけでなく実習も多く含まれているのが特徴です。

実習・実技の授業、産業界の研究が中心

卒業に必要な単位のうち、3分の1は実習・実技の授業で、あとの3分の2は産業界の研究となっています。また、教員には研究者だけでなく実務家が含まれるのも特徴です。同時に授業を受ける人数は、規定のない大学とは異なり原則40人以下となっています。卒業に必要な単位は、大学と同じ124単位です。

専門学校とは違って学士(専門職)が得られる

一番の違いは、卒業後に取得できる学位です。専門学校の場合は「専門士」または「高度専門士」の学位が得られますが、専門職大学は「学士(専門職)」の学位が得られます。これは、大学卒業後に与えられる「学士」に相当する資格です。また専門学校は、「腕に職を付ける」という実践を重視した授業を行いますが、専門職大学は理論と実践の両方を重視しています。

「大学院大学」は、学部のない大学院

「大学院大学」とは、学部を置くことなく大学院だけで構成される大学のことです。既存の大学から独立した教員、施設、設備や独自の教育と研究の目的、プログラムなどを有しています。「独立大学院大学」と呼ぶこともあります。

「大学」という言葉が最後に付くので、高校卒業後に入学するものと思うかもしれませんが、基本は大学院ですので、大学卒業後に進むところになります。

従来の大学院は、4年制大学の学部を基礎として、その上に修士課程、博士課程を置いて専門的な教育を行うのが原則でしたが、1976年に学校教育法が改正。それにともない大学院大学が制度化され、1988年に日本初の大学院大学となる国立総合研究大学院大学が設置されました。

大学ではまず各学部で基礎教養を修めますが、大学院大学ではそれがなく、最初から専門性の高い学問や研究を行います。修士課程を修了した場合は「修士」、博士課程を修了した場合は「博士」の学位が授与されます。そのほか、専門職の学位が授与される場合もあります。例えば事業構想大学院大学では、修了すると「事業構想修士」の学位が得られます。大原大学院大学の会計研究科では、修了すると「会計修士」の学位が授与されます。

「高等専門学校」は大学にも編入できる5年制教育機関

「高等専門学校」は、高校卒業後ではなく、中学卒業後に進学する学校です。実験や実習を重視した技術者教育を行うことを目的としています。とはいえ、農業高校や商業高校のような専門高校や、高校卒業後に入学する専門学校とは違います。高等専門学校は、大学と同じ高等教育機関に位置づけされています。「高専」と略して呼ばれることもあります。

専門分野は機械・材料系、電気・電子系、情報系、化学・生物系、建設系、建築系、商船系、複合系があり、現在は57校あります。その多くが国立であるのも特徴です。

5年一貫教育を提供

高等専門学校は、高校と同じく中学卒業後の進学先として位置づけられていますが、高校と異なるのは5年一貫教育を提供していることです。入学直後から、一般科目とともに専門科目も用意されているので、大学に入学せずに専門分野を学ぶことができます。高校から大学へ進学、卒業した場合より2年早く卒業することになり、学歴的には短大卒と同じです。

なお、一般の高校の卒業後に高等専門学校へ編入したり、高等専門学校卒業後に大学3年次に編入するというコースも用意されています。

教養を身に着け理論を深めるのが「大学」

これまで見てきたように、大学校や大学院大学、専門職大学、高等専門学校は専門性が高く実践的な教育を行うのが特徴です。

それらと比較して、改めて一般の大学について考えてみると、幅広い知識やテーマを扱い、教養を身に着けるとともに、研究を通して理論を深め応用力を育むことができるのが大学だということがわかります。また卒業後の進路について、大学の方が選択肢は多いので、いろいろな可能性にチャレンジしたい人は大学が向いているといえるでしょう。