大学受験の基礎知識

大学受験【宿・ホテル選び】のポイント! 場所・設備・サービスをチェック!

遠方の大学を受験する受験生にとって、宿・ホテル選びは重要です。試験当日、心身ともに万全の状態で試験に臨めるかどうかは、宿選びにかかっているといっても過言ではありません。受験生の宿・ホテル選びのポイントとともに、前日の過ごし方などを紹介します。

宿・ホテル選びは、受験にも大きな影響

試験前夜に泊まる宿やホテルでは、気持ちを落ち着かせられること、部屋でも勉強できること、試験会場にアクセスしやすいことなどが重要になります。条件が悪いと、試験の結果にも影響が及ぶかもしれません。

まずは、受験を前提にした宿・ホテル選びのポイントを見ていきましょう。

最重要ポイントは距離。試験会場へ行きやすいホテルが一番

もっとも重要なのがホテルの立地です。試験会場になるべく近いところを選ぶようにしましょう。慣れない土地での電車の乗り換えや、満員電車によるストレスが軽減できますし、なにより、試験開始時間に遅刻して試験が受けられないというようなリスクを減らせます。

また試験会場近くの渋滞防止のため、自家用車やタクシーの利用を避けるように呼び掛けている大学も少なくありませんので、なるべく近くて徒歩でも会場に行けるホテルがよいでしょう。

特に、雪や雨などの天候悪化、電車の遅延、道路の渋滞などが起こると、会場にたどり着くのに通常よりも多くの時間を要します。そういう事態が発生した場合を考慮して、徒歩で行ける場所にあるホテルだとなお安心です。

また複数の大学を受験する場合には、交通アクセスのいいターミナル駅の近くに泊まると便利です。

ホテル近隣の環境も重要

駅の近くは便利な一方、繁華街が近くにあり、夜遅くまで人や車の往来が多く、落ち着いて休めない可能性があります。それを避けるために、ホテル予約サイトの口コミ情報などで、ホテル周辺の情報などをあらかじめ確認しておくといいでしょう。

ホテルへの予約の際に、「受験生なので静かな部屋を希望している」と伝えると、比較的落ち着いた環境の部屋を用意してもらえる可能性もあります。ただし、そのホテルに同じ大学を受験する人も宿泊している可能性もありますので、必ずしも優遇してもらえるとは限りません。

また、ホテルの近くにコンビニエンスストアなどがあると便利です。万が一、筆記用具などを忘れた、落とした場合などに購入できます。

ホテルの設備や備品、サービスもチェック

部屋の設備や備品、サービスも見ておきましょう。試験前夜に勉強できる環境かも受験生としては見逃せません。

勉強できるデスクや電気スタンドは用意されているか

ホテルの部屋の照明は、勉強するには少し暗く、机も参考書やノートを広げて勉強する十分なスペースがないことがあります。事前に机の大きさなどを問い合わせておきましょう。あるいは、ホテルのWebサイトなどで、部屋の写真などを見て確認しましょう。

ホテルによっては、電気スタンドを貸し出したり、勉強机を準備するなど受験生用のサービスを提供してくれます。

また乾燥対策として、加湿器の有無もチェックしておくといいかもしれません。受験シーズンの冬は、空気が乾燥して風邪やインフルエンザにかかりやすい季節です。ぬれたタオルをゆるく絞って部屋に干しておいたり、室内でもマスクをするなど、乾燥対策を万全にしましょう。ホテルによっては、加湿器を用意してくれる場合もあります。予約時に確認しましょう。

Wi-Fiの有無をチェックしておこう

スマートフォンの通信量には制限があるので、通信残量が少なくなってしまうことも考えられます。部屋でWi-Fiを利用できるかどうか確認しておきましょう。

朝ごはんを確実にとれるよう朝食サービスと時間も確認

受験生の場合、朝食はしっかりとっておいた方が、血の巡りがよくなって実力が発揮できます。ホテルによって食事なし、朝食付き、夕食付きなど、いろいろなプランがありますので、朝食付きのプランを選ぶことをお勧めします。

近くにコンビニエンスストアなどがある場合は、朝食を買って食べることもできますが、ホテル内で朝食をとれるなら、試験前にゆっくり落ち着いて過ごすことができるでしょう。

なお、朝食の時間はホテルによって決まっていますので、試験の時間に影響しないように、朝食サービスの時間帯も確認しておきましょう。

旅行会社の受験生向けホテル予約サイトを活用

旅行会社各社が受験生向けの特集ページを用意しています。大学周辺のホテルが検索できる機能や、受験生向けのサポートプラン、早期予約割引などが提供されているので、ぜひ活用してください。

近畿日本ツーリスト(受験生の宿)
https://www.knt.co.jp/yado/sp/jukensei/
大学周辺のホテルを検索する機能や、宿泊日、主要駅から検索する機能などを提供。

JTB(受験生の宿) 
https://dom.jtb.co.jp/yado/theme/juken/
大学名や最寄り駅からアクセスしやすいホテルを探すことができる。また、「日付・条件から探す」「地図から探す」「おすすめ特集・プランから探す」機能も提供。

日本旅行(受験生の宿)
https://www.nta.co.jp/yado/juken/
大学名から周辺のホテルを探したり、試験会場のあるエリアからホテルを検索できる機能を提供。JR・新幹線と宿泊をセットでお得に予約できるプランや、飛行機と宿泊のセットプランなども紹介している。

試験前日の過ごし方も重要

試験で力を発揮するには、前日にしっかり準備を済ませて、ゆっくり休むことも重要です。

試験会場までのルートを必ず確認

試験前日、時間に余裕があれば、試験会場までのルートを下見しておきましょう。駅までの道、乗る電車のホーム、乗り換え、会場までの道を事前に確認しておけば、当日、道に迷わずに済みます。

また実際にどのくらい時間がかかるかも分かるので、当日朝も余裕をもってホテルを出発できます。下見をする時間がない場合でも、インターネットの乗換案内や時刻表、路線図などのサービスを活用して、試験会場までのルートを確認しておきましょう。

試験当日の天気予報を確認しよう

天気によっては、交通機関に乱れが生じるおそれもあります。前日のうちに天気予報を確認して、雨や雪の予報が出た場合は、雨具や防寒具を準備して、少し早めにホテルを出るようにしましょう。

天候や交通事情によっては、試験会場への行き方を変更する必要も生じます。ちなみに、電車などが止まって遅刻するような場合は、別室で試験を受けるなどの救済措置が取れられることもありますが、自家用車やタクシーで渋滞に巻き込まれて遅刻した場合は考慮されず、試験が受けられない場合もあるので、当日は早めに起きて、インターネットなどで天気や交通状況を確認しましょう。

寝る前に持ち物、モーニングコールやタイマーの準備を

受験票や筆記用具、新型コロナウイルス感染症対策としてのマスクなど、試験会場に持っていくものは前日のうちにカバンに入れておきましょう。事前にチェックリストを作成し、一つずつ確認しておくと安心です。

またいうまでもなく、当日の寝坊、遅刻は厳禁です。ほとんどのホテルではモーニングコールサービスやタイマーなどを提供しているので、余裕をもって出発できる時間にセットしておきましょう。

ゆっくり休んで、万全の態勢で翌日の試験に備えよう

試験当日は緊張して、普段ならやらないような間違いや勘違いをしたり、忘れ物をしてしまう可能性もあります。また前夜遅くまで勉強したせいで寝不足になり、実力が出せなかったということも避けなくてはいけません。

前日は試験範囲の要点を軽くチェックする程度にとどめて、しっかり準備を済ませて早めに就寝し、当日慌てることがないよう試験に臨めるようにしましょう。

条件のよい宿・ホテルは予約が集中。早めの予約を

条件のいいホテルや宿は、早めに予約で埋まってしまいます。特に大学入学共通テスト後の国公立大学出願にともなって、1月下旬から2月に予約が集中すると想定されます。キャンセル料は施設によって異なりますが、一定期間前までは発生しないので、受験校が決まったら早めに予約しておきましょう。

短期賃貸マンションという選択肢も

もし宿・ホテルが予約できなかったとき、あるいは同じ地域で複数の大学を受験するため長期間の滞在になる場合は、短期賃貸マンションを検討するのもお勧めです。家具や家電なども備え付けられているので、余分な出費も抑えられます。