研究テーマ

心理職初の国家資格【公認心理師】とは。大学に取得コースも新設!

心理職では初となる国家資格「公認心理師」が創設されました。心に悩みを抱えている人の相談に乗り、アドバイスなどを行うための資格です。そして2018年に初めての国家試験が実施されました。公認心理師の仕事内容や受験資格などについて解説します。

公認心理師とは?

公認心理師は、日本初の心理職における国家資格です。2015年9月9日に公認心理師法が成立し、2017年9月15日に同法が施行。2018年に初めての国家試験が実施され、心理職の国家資格「公認心理師」が誕生しました。

新しい資格なので、まだ耳慣れないという人も多いでしょう。また、心理職の資格では有名な「臨床心理士」とどこが違うのかと戸惑う人もいるかもしれません。しかし、大学でも「公認心理師コース」を設けているところも見られるようになりました。

心理に興味があり、その道に就職をしたいと考えているなら、公認心理師の資格取得を前提に大学を検討してみましょう。

「公認心理師」の仕事内容は主に4つ

では、公認心理師は具体的にどのような仕事を行う職業でしょうか。

公認心理師の業務は、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識や技術をもって、次の4つの行為をします。

  1. 心理に関する支援を要する者の心理状態を観察し、その結果を分析すること。
  2. 心理に関する支援を要する者に対し、その心理に関する相談に応じ、助言その他の援助を行うこと
  3. 心理に関する支援を要する者の関係者に対し、その相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うこと。
  4. 心の健康に関する知識の普及を図るための教育および情報の提供を行うこと。

大きくまとめると、心に問題を抱えている人やその周囲の人の相談に乗り、解決のための助言や援助を行うことと、心の健康に関する情報発信を行うことです。

臨床心理士とどこが違うの?

心理専門職で、これまでもっとも有名な資格が「臨床心理士」です。大きな違いは、臨床心理士は日本臨床心理士資格認定協会が認定する民間資格ということです。では、仕事内容に違いはあるでしょうか。臨床心理士の業務内容は主に次の4つです。

  1. 臨床心理査定:面接や観察を行ってクライアントの状況を把握した上で、援助の方針などを決定する。
  2. 臨床心理面接:心理査定の結果に基づいて、カウンセリングや心理療法を行う。
  3. 臨床心理的地域援助:クライアントの周囲の環境にも働きかけて援助を行う。
  4. 上記三つに関する調査と研究:心の問題への援助を行っていく上で、知識や技術を高めるための調査や研究を行う。

公認心理師の仕事内容と比較してみると、(1)から(3)についてはほぼ同じ内容といえます。異なるのは(4)で、公認心理師では心の健康に関する情報提供を行うこととされていますが、臨床心理士では調査や研究と明記されています。このことから臨床心理士の方が、専門職として研究に重きが置かれていると読み取ることもできます。

もうひとつ違うのは医師との関係です。臨床心理士は医師と連携して業務をしますが、公認心理師はクライアントに主治医がいる場合、その医師からの指示を受けることになっています。

「公認心理師」になるには?

公認心理師は国家資格なので、取得するには国家試験に合格する必要があります。しかし、誰でも国家試験を受験できるわけではありません。受験するにも一定の条件があります。

実務経験を持つ社会人も受験できるといった特例措置もありますが、基本的には大学や大学院の心理学系学部、学科で受験に必要な指定科目を履修することで受験資格が得られます。

国家試験を受験するための条件

  • 大学で必要な科目を履修し、大学院で必要な科目を履修した者
  • 大学で必要な科目を履修、卒業後、特定施設で2年以上の実務経験を持つ者
  • 外国の大学で心理に関する科目を修め、かつ、外国の大学院で心理に関する科目を修了した者

大学における必要な科目とは、心理学概論や発達心理学、福祉心理学、司法・犯罪心理学、心理演習など25科目です。つまり公認心理師になるには、大学の心理学系学部、学科の卒業が大前提ということです。

そして卒業後は大学院に進学するか、特定施設で実務経験を積む必要があります。特定施設とは、大学院カリキュラムにおける実習施設として定める施設に準ずる施設とされており、具体的には病院や診療所、介護老人保健施設、学校、裁判所、刑務所、更生保護施設などが挙げられます。

公認心理師試験はどんな試験?

第2回の公認心理師国家試験が2019年8月4日に実施されました。試験は選択方式のマークシート形式で、出題は150問から200問程度。公認心理師としての業務を行うために必要な知識と技能の到達度を確認することに主眼が置かれています。また、事例問題が多いという特徴があります。合格基準は正答率60%となっています。

第2回試験の受験者数は1万6,949人で、合格者数は7,864人。合格率は46.4%でした。

「公認心理師」の就職先は?

制度ができて日が浅いため、公認心理師としての就職先の実例は多くありません。どの程度仕事につながるのかは未知数です。ただ、臨床心理士と仕事内容に大きな違いがないことから、臨床心理士と同じく医療機関での心理カウンセラー、学校でのスクールカウンセラー、民間企業での産業カウンセラーなどでの活躍が期待されます。

また国家資格のため、公的機関での仕事が増えていく可能性もあります。

「公認心理師」に対応している大学の学部、学科

公認心理師になるには、大学で心理学系の学部、学科に入ることが前提となります。心理学部の臨床心理学科や、人間関係学科、人間社会学科などが対応しています。また、茨城大学大学院聖学院大学大学院立命館大学大学院のように、公認心理師コースを設けている大学もあります。さらに放送大学では、公認心理師対応カリキュラムを学部段階で開設しています。

・一般財団法人 日本心理研修センター 公認心理師試験
http://shinri-kenshu.jp/