大学受験の基礎知識

教師不足の時代到来。大学で【教員免許】を取得する方法やメリットは?

団塊の世代の教師が大量に退職する時期を迎えることや、プログラミング教育の必修化などにより、学校の教師不足が懸念されています。これから学校の先生になりたいと思っている人は、大学で教員免許を取得することになります。教員免許や教師になる方法について説明します。

「教員免許」とは

教師になるために必要となるのが、教員免許の取得です。正式名称は「教育職員免許状」といいます。教員免許には大きく分けて「普通免許状」「特別免許状」「臨時免許状」の3種類がありますが、一般的に教員免許というと普通免許状を指します。大学に進学して教員免許を取得する場合は、普通免許状になります。

教員免許の種類

普通免許状 大学や大学院、短大で取得する教員免許
特別免許状 知識や経験を持つ社会人向けの教員免許
臨時免許状 普通免許を持っている教員を採用できないときに与えられる臨時の教員免許

「普通免許状」の種類

普通免許状には、幼稚園、小学校、中学校、高等学校の「教諭免許状」、保健室の先生である「養護教諭免許状」、給食のメニュー考案や栄養指導を行う「栄養教諭免許状」、特別支援学校教員の「特別支援学校教諭免許状」があります。さらに大学院で修士の学位を得ることで取得できる「専修」、大学の教職課程を経て取得できる「一種」、短期大学の教職課程を経て取得できる「二種」の3種類に分かれます。

普通免許状の種類

幼稚園教諭免許状 専修・一種・二種
小学校教諭免許状 専修・一種・二種
中学校教諭免許状 専修・一種・二種
高等学校教諭免許状 専修・一種
特別支援学校教諭免許状 専修・一種・二種
養護教諭免許状 専修・一種・二種
栄養教諭免許状 専修・一種・二種
専修 大学院で修士の学位を得ることで取得できる
一種 大学の教職課程を経て取得できる
二種 短期大学の教職課程を経て取得できる

このうち短期大学で取得できる「二種」は、高等学校で教えることができません。また私立学校の場合、採用概要で「一種または専修所持」と規定されている場合があるので、私立学校の採用に応募できないことがあります。高等学校や私立学校の教師になりたいと考えている人は、「専修」か「一種」を取得する必要があります。

中高は、教科ごとの免許が必要

小学校は教科に分かれていませんが、中学校と高等学校の教員免許は教科ごとに免許が分かれており、それぞれの教科に対応した免許を取得する必要があります。数学の先生になりたいなら数学教員免許、英語の先生になりたいなら外国語教員免許を取得します。

文部科学省によると、中学校と高等学校の教科別教員免許の種類は以下の通りです。

教科別教員免許の種類

中学校 国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、保健、技術、家庭、職業、職業指導、職業実習、外国語(英語、ドイツ語等)、宗教
高等学校 国語、地理歴史、公民、数学、理科、音楽、美術、工芸、書道、保健体育、保健、看護、看護実習、家庭、家庭実習、情報、情報実習、農業、農業実習、工業、工業実習、商業、商業実習、水産、水産実習、福祉、福祉実習、商船、商船実習、職業指導、外国語(英語、ドイツ語等)、宗教

複数教科も取得可能。特に不足しているのは「情報」

複数教科の教員免許も取得できます。学校では教科によって授業数が異なりますので、授業数の少ない教科の場合は、別の教科の免許も取得しておくほうが教師として採用されやすくなるでしょう。

ちなみに新しい教科である「情報」は、プログラミング教育が必修化されることもあり、特に教員不足が懸念されています。実際、「情報」は「数学」や「理科」の教員免許と合わせて取得することもよく行われています。

「教員免許」の有効期間

教員免許の有効期間は10年(臨時免許状は3年)です。そのため定期的に更新する必要があり、更新を怠ると失効してしまいます。

更新するには、免許状の有効期間満了日の2年2カ月から2カ月前までの2年間に、30時間の更新講習を受講し、修了する必要があります。講習の費用は3万円ほどです。

「教員免許(普通免許状)」を取得するには

普通免許状を取得するにはまず、教職課程のある大学や短期大学に入学し、必要な単位を修得します。そのうえで、各都道府県教育委員会に教員免許状の授与申請を行うことで授与されます。なお、教育免許は申請、授与された都道府県限定ではなく、日本全国で有効な免許です。

教員養成学部に進む場合

大学に入る前から教師を志望しているなら、「教育学部」などの教員養成学部に進むとよいでしょう。教育学部以外にも、教育文化学部、学校教育学部などと、異なる学部名が使われているケースもあります。

教員養成学部の場合は、カリキュラム自体が教員免許取得を前提に作られているので、卒業に必要な単位を取れば教員免許を取得できるようになっています。

ちなみに教育学部のなかには、教員養成を目的とせずに、純粋に「教育学を研究するもの」として設置している大学もあります。その場合、卒業に必要な単位を取得するだけでは教員免許を取得できません。次の項目で紹介する、他の学部のように、教員免許取得のための単位を別に取得しなければならない可能性があります。

他の学部に進む場合

他の学部でも教員免許の取得は可能です。ただし取得できる教員免許の種類は、大学の学部や学科によって異なります。例えば国語の教員免許を取得したいなら文学部や日本語学科など、数学なら理工学部、情報なら理工学部や商学部、経済学部などとなります。

ただし、教員免許に必要な単位は自分で管理しなくてはいけません。また小学校や中学校へ行って教育の現場を体験して学ぶ教育実習についても、実習校を自分で探して交渉するケースもあります。

「教員免許」を取得しただけでは教師になれない

教員免許を取得したら、職員採用試験を受けます。公立学校の場合は、都道府県または政令指定都市の教育委員会がそれぞれ実施している教員採用選考試験を受け、合格する必要があります。

試験科目は、筆記試験、面接試験、論文試験、実技試験の4つが実施されるのが一般的です。筆記試験では、一般教養試験、教職教養、専門教養の問題が出題されます。実技試験は、英語の教員の場合は英会話、音楽の教員の場合はピアノ演奏というように、教科ごとに行われるのが普通です。

私立学校の場合は、学校単位で採用されるため、学校独自の採用試験が行われるのが一般的です。また、教員適性検査を受検して受検者名簿に登録され、そこから面接を受けて採用されるケースもあるようです。

教員免許取得のメリット

もっとも大きな利点は、教員採用試験を受けて学校の先生になれることですが、それ以外にもメリットはあります。

教職課程では、教科指導や生徒指導、教員の仕事や学校のシステムなどについて学びます。また自分の教科に関する研究だけでなく、心理学やコミュニケーション、キャリアデザイン、障害児教育やバリアフリーなど、非常に幅広い範囲について学ぶことになります。

卒業してしまうと、小学校や中学校に足を運ぶことはなくなりますが、教職課程では教育実習を通して、小学校や中学校に行って、子どもたちと触れ合う機会を持つことになります。さらには特別支援学校で障害児と接することもあります。

【インクルーシブ社会】とは? 障害、性別、年齢、宗教などの多様性を受け入れる社会障害を抱える方や高齢者にとって暮らしやすい「バリアフリー社会」。これをさらに一歩進めようとしているのが「インクルーシブ社会」です。障害だ...

そのような体験を通して、自分の研究を俯瞰的な視点を持って見つめなおし、新しい気付きや発見に生かしたり、自分の研究を未来の子どもたちに役立てたい、社会に貢献したいという思いを強くする学生も少なくありません。教員免許の取得は大変なことではありますが、大いに意味のあることといえるでしょう。